BOSS MT-2 Metal Zone レビュー

「BOSS MT-2 Metal Zone」の紹介。

最近、技 WAZA CRAFTから、リリースされて話題の「MT-2W」。

MT-3では無く、MT-2Wなのがミソ。
MT-2を進化させたということで、MT-2ファンを熱狂させている。

久々に引っ張り出してきて、遊んでいて気づいた事もあるので、今、敢えて「BOSS MT-2 Metal Zone」を紹介できればと思う。

あえて、MT-2

MT-2Wは、色々変更はされているみたいだが、オリジナルのMT-2から変更をして、作られている以上、ベースの部分は、MT-2なので、まずはコイツを理解する必要がある。

結局は、慣れと好み、ギターとの相性なので、詳しく見ていきたい。

パラメータについて

LEVEL, EQUALIZERのHIGH, LOW, MIDDLE, MID FREQ, DISTとある。

LEVEL

エフェクト時の音量を調整

EQUALIZER HIGH

高音域を-15~+15dBの範囲で調整

EQUALIZER LOW

低音域を-15~+15dBの範囲で調整

EQUALIZER MID FREQ

MIDDLEつまみでブースト/カットする中音域の周波数(200Hz~5KHz)を調整
ここ、ポイント。

EQUALIZER MIDDLE

MID FREQで調整された、周波数をブースト/カット

DIST

歪みを調整
ここ、ポイント。

DISTだけを調整して、音の変化を確認する

ここの微調整で、大きく音のキャラが変わる。
デュアル・ステージ・ゲイン回路により、2段階にブーストするとの事。

買った当初は、MAXにしていたが、使っていくに従って、絞っていく傾向になる。

MAXで使っている方は、絞って行ってほしい。
万能ディストーションとしての、新たな表情に気づくはずだ。

マニュアルを確認

各パラメータの説明や、8点のサンプルセッティングが掲載されている。
気になる方はチェックを。

・ヘビー・メタル
・ハード・ロック
・オーバー・ドライブ
・ファズ
・ブリティッシュ・ロック
・ロック
・ロックンロール
・ロック2

しかし、これを見てから調整すると、変な先入観が植え付けられるので、一通り自分で弄った後に、参考にしてみよう。

マニュアルへ

動画でチェック

これらを見て、意外と万能なペダルだと解るだろう。

 

メタルゾーンって音。

 

メタル!って感じ。

 

ブルージーって感じ。

プリアンプ&EQを挟む

結局のところ、ピックアップで拾われて出る音は、ピックアップの種類や、ギターの音によって異なる。

全てのギターで、良い音が出るエフェクターなど存在しない。

やはり、エフェクター開発で、モデルにされた楽器、開発者の主観で、良く聞こえるようにセッティングはされるので、それから漏れたタイプのギターなどでは、微調整が必要だ。
逆に言えば、それが個性になり得る事もあるだろう。

イマイチだと思う方は、MT-2との間に、プリアンプ&EQを挟んでみてほしい。

ある程度、ギターの音をプリアンプ&EQ側で、調整した後に、MT-2をかけると、先ほどとは違う表情で聞こえるはずだ。

足らないと思った部分はブーストし、邪魔な部分はカットしてしまえば良い。

さらに、MT-2の後ろにも、プリアンプ&EQを挟んで、出音を調整してみてほしい。
ここでも、違う表情で聞こえるはずだ。

以下で試したので、参考になれば。

BOSS GE-7

Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

TECH21 SamsAmp PARA DRIVER DI


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

t.c. electronic TC 1140
こちらは、現行品では無いので、中古で探してみてください。

ギター以外にもオススメ

ギター以外の楽器に使う事ができるので、1つあれば、結構楽しめる。

シンセにかけたり、ドラムマシーンに通したり、ノイズにかけたり、と結構使用してきた。

ここまで、歪むエフェクターも稀なので、重宝するだろう。

 

話題のMT-2Wの違い

モード・スイッチで音色のバリエーションが選択可能に。
・S(スタンダード)
オリジナルのMT-2を新設計の回路で再現したサウンド

・C(カスタム)
レスポンスの良いサウンドにチューン・アップ。

マニュアルを見る感じ、MT-2Wにはセッティングリストが載ってないので、MT-2のマニュアルを参考にするといいだろう。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

改造、MODについて

複数所有していたり、調子がおかしい、飽きたなど、手放す事を考え始めたら、MODに手を出すのも良い。

MODの方法などは、色々な方が紹介しているので、そちらを参考にしていただきたいが、コンデンサを別の物に変更したりするだけでも音は変わる。

良い物に替えがちだが、敢えて、安いパーツを使うとかね。

アナログエフェクターには、改造して楽しむという、2次的な楽しみ方がある。

お試しあれ。

Guitar magazine 2018年 11月号で特集

で BOSS 技-WAZA CRAFTや、 MT-2W Metal Zoneについて、特集が組まれているので、気になった方はチェックしてみてほしい。
開発者へのインタビューも載っているので、参考になる。

中古について

歴代2位のセールスを誇るエフェクターだけに、中古市場に多く流れてきている。
MT-2Wや、新品が良いという方以外は、中古で探すのも良いと思う。

歴代2位という看板があるので、まずは購入したが、合わないという事で、すぐ手放す人もいるのだろう。
結構、程度の良い機種が手に入る事もあるので、気長に探す事をオススメする。

あと、ツマミの真ん中2つのEQの部分は、コントロールが多段になって複雑になっている事もあり、機種によっては、緩かったり、硬かったりする事があるので、購入前にチェックしたいところだ。
オリジナルを触って、感覚を覚えておいた方が良い。大体の楽器屋には、置いてあるので。

終わりに

押し入れなどで眠ってるなら、今一度評価してみてほしい。
手放せなくなるはずだ。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: エンハンサー
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: ベースエフェクター
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: ハンディレコーダー