Mackie Big Knob Studio レビュー

「Mackie Big Knob Studio」のレビュー。

Windows PCを作った流れで、オーディオ環境も見直し。

今まで

Mac用には、Native Instruments KOMPLETE Audio 6を使用している。
これをWindowsでも使用して良かったのだが、これは今後、Mac用とライブ用途に使用しようと思うので、別途用意しようと思った。
モニターは1つしかないので、KOMPLETE Audio 6の音も入力できて、Windowsの音も出力できる、モニターコントローラータイプにしようと調査。

Mackie Big Knobシリーズ

Mackie Big Knobが新しく、オーディオインターフェース付きのモニターコントローラーを発売していたので、そのモデルの中から選択。
Mackie Big Knob Studio Plusとも悩んだが、大きさと用途より、「Mackie Big Knob Studio」に。
レビューを見ていると、国内では、あんまり評価は良く無い感じだが、海外での評価は上々なので、そちらを参考に購入。

 

オーディオインターフェース

Macは必要無いみたいだが、WindowsはUSBドライバーが必要なので、インストールしておく事。
最大で192 kHz/24Bitなので、高音質のサウンドを楽しむことが可能。
USBドライバーは以下
リンク

INPUTS 2 TRACK SOURCE SELECT

INPUTソースをセレクトできるセクション。
複数選択も可能なので、同時にWindowsのUSBオーディオと、3/4に接続した、MacのKOMPLETE Audio 6の音の再生も可能だ。
同じ音楽を再生して、音量を合わせておけば良いだろう。

MONITOR SELECT

基本は、Aにモニタースピーカーを接続している。
他に、モニターがあるなら、Bに接続するのもいいだろう。
後から設置予定だが、B側にはウーファーを接続予定だ。
そういった使い方もありだろう。

PHONESセクション

夜間自宅などで、ヘッドフォンを接続して、再生したいときもあるだろう。
2系統用意されているので、こちらを利用すると良い。
あと、VOLUMEのMUTEを押せば、PHONESだけから、音を再生する事もできるので、自宅での作業にも重宝するだろう。

その他の機能も

上で紹介した機能以外にも、いろいろと機能があり、多機能にコンパクトに設計されている。
自分の環境にあったセッティング次第で、何通りもの使い方ができるだろう。
ルーティングは、環境次第といったところだ。
今後も色々と試してみたいと思う。

よく考えてみれば、192 kHz/24Bit対応のオーディオインターフェースが付いたモニターコントローラーが、この価格で購入できのは破格だ。
2台目のオーディオインターフェースを探している方や、オーディオインターフェースとモニターコントローラーを探しているなら、間違いなくオススメできる機器だろう。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: リバーブ/ディレイ
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: イヤホン
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: スピーカー