BOSS RE-202 SPACE ECHO レビュー

エコー、スプリングリバーブの名機 Roland RE-201の発展系、BOSS RE-202 SPACE ECHOのレビューです。

経緯

RE-2、RE-202のリリース情報が出て、RE-20を使用していた事もあり購入候補に。

RE-20は自分にとっては相棒に近い機器なので、後継機が気になっていた。

初期ロットは完売になりそうだったので予約して購入。

先日届いたので、使用感をレビュー。

初見

意外と小さい、ノブがいい感じ、色もオリジナルぽくて良いなど。

アダプター付いてるから、新しく買わなく良いな。

結構、期待感を高めてくれる。

 

付属品

・本体
・電源
・マニュアル
・ゴム
・保証書

スタートアップ・ガイド、リファレンス・マニュアル、MIDI Implementationはサイトにあるので、詳しく知りたい方はそちらを参照してみてください。

別途ケーブル用意

MIDIはTRSタイプなので使う際は、以下を用意。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

RE-20との違い

サイズと見た目

大きさが違う。

RE-20がおもちゃぽかったが、こちらは金属で本格的な身形。

ノブにも高級感があって良い。

前はプラスチックだったし。

小さくなったからと言って、ツマミが触りにくいという事はない。

名前もRE-202という事で、RE-201の発展系という位置付けかな。

SATURATER

プリアンプの歪みとコンプレッション感を調整。

WAW & FLUTTER

エコーの揺らぎを調整。

ここが、デジタルディレイとテープエコーとの個性の差の部分。

曲や楽器によって、調整すれば良い個性になる箇所かな。

TAPE AGED

テープのコンディションを、NEW、AGEDより選択可能。

NEWがクリアで新鮮。

AGEDにすると、RE-20に近い音質になるので、これはこれで良い。

さらに、SATURATER、WAW & FLUTTERがあるので、音作りの幅が広がる。

メモリー

お気に入りの設定を保存可能。

自分の場合は触りながら音を作っていくのが好きなので、特になくても良いかな。

ギターリストや決まった音を出したいって方には便利な機能かと。

WARPスイッチ

フットスイッチを長押しすることで発動し、押している間、残響効果が強くなる。

発振する(INTENSITY効果)。

多用する事になりそう。

TWISTスイッチ

フットスイッチを長押しすることで発動。

押している間、残響効果が強くなる。(REPEAT RATE効果)

これも多用する事になりそう。

REPEAT RATE最大2秒

通常は、Roland RE-201と同じ範囲の1秒の間で動作するが、倍の2秒に設定する事も可能。

ここも使いどころを見極めてかな。

再生HEAD 4

これ特別。

オリジナルやRE-20は再生ヘッド3までなので、ちょっと別物に。

使いどころは、選択して行きたいが、強力な個性と武器になるかと思う。

リバーブタイプ変更可能

SPRING REVERB、HALL、PLATE、ROOM、AMBIENCEから選択可。

自分はSPRING REVERBの音が好きなので、これで。

RE-20とリバーブオンリーで比べて見たが、情報量が雲泥の差で音が良い。

これだけでも、アップデートして良かったと思える点かな。

楽器によっては、リバーブタイプの選択も考えてた方が良いと思うので、ここは使いながらトライかな。

隠し機能あり

マニュアルを読んでいただきたいが、色々と初期設定から変更できるとの事なので、使いながら、自分に合った設定にカスタムしていこうと思う。

フットスイッチハット取付可

フットスイッチハットも取付け可能な、フットスイッチサイズ。

自分は手で押して使う事が多いので、付くかどうか結構気になる。

踏み分けなどを考えている方や、自宅での使用を考えているなら持っておきたい所かな。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

欠点

INPUT VOLUMEが無い。

楽曲によって、入力を微調整する際、結構便利だったのだが。

しかも入力を上げた時の割れ具合も好きだったんだけど、今回はなしという事で。

まあ、ミキサーで利用する事が多いので、ミキサー側で調整すれば良いので気にはならないと思うが、使用してみて比較していきたい。

欲を言えば、MODE SELECTORのツマミをもう少し大きくして欲しかった。

RE-20の場合、あれが、RE-201ぽくて好きだったので。

中古について

既に何点か発見。

RE-202を購入した人が、RE-20が中古で売りに出す事があると思うので、コチラを狙ってる方にとっては、購入チャンスかも。

販売終了になっているので、今後、どちらが良いなどの論争なども起こりそうだし。

客観的な目を持つ為には、両方所有しておくのも良いかと。

総評

満足。

おそらく、当分はRE-20と両方持ち運ぶ予定。

使い勝手を見るのと、エコーはRE-20で、リバーブはRE-202なんてのも出来そうだし。

RE-201は大きいし場所とるし、自分はデジタルの恩恵に預かりたい派なので、RE-202は最高。

Strymon VOLANTEも所有しているので、今後はコチラとも比べてみたいと思う。

モジュレーション系のエフェクターとも組み合わせて相性なども見ていこうと思う。

エコー入門機としては最高の1台かと思う。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: サンプラー
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: サウンドハウスランキング
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: シンセサイザー・サンプラー