Bluetoothと有線で考える、MacbookとiPhoneで使用するイヤホン

 

Bluetoothと有線

iPhoneとBluetoothで接続して、音楽を聴く。Macbookと有線で接続して、音楽を作る。
そういった用途のイヤホンは?と、考えた時のチョイス。

イヤホンの方が使用頻度が高い

持ち運び、利用頻度を考えた時、ヘッドホンよりイヤホンの方が、頻度は高い。
コンパクトに収納できるため、どこに持って行くにも楽だし、シチュエーションを選ばない。
移動中や、運動中、集中したい時など。
どこでも音楽が作れるし、ライブの際のモニターにも使用できるので、急な欲求に対応できるのが良い。

無線接続の不安

無線の場合、遅延が気になるのと、接続状況によっては接続が切れる事がある。
そこを考慮した場合、ケーブルを有線と無線で取り替えられる、SHUREが選択肢最有力。

RMCE-BT1に対応した機種を

無線ケーブル「RMCE-BT1」と、対応した以下かな。
用途によって、選べる種類も多いし、リケーブルもしやすいし、断線しても安心。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

SHURE SE425

再生周波数: 20 – 19000 Hz

Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

これが一番有力かな

SHURE SE535

再生周波数: 18 – 19000 Hz


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

もしくは、これ

SHURE SE846

再生周波数: 15 – 20000 Hz


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

ここまでは、必要ないかも

SHURE SE315

再生周波数: 22 – 18500 Hz


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

ここも、候補かな

SHURE SE215

再生周波数: 22 – 17500 Hz


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

リスニング用途なら

型番ごとに、音も価格も違うので、生活に合ったタイプを探すのも楽しいと思う。
SHUREのイヤホンは大手家電店でも、扱っているところが多いので、自分の耳で確かめて検討してみてほしい。


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: マルチトラックレコーダー
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: コンピュータミュージック書籍
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: シンセサイザー