BOSS KATANA-AIR レビュー

BOSS KATANA-AIRのレビューです。

特徴

 

完全ワイヤレス・ギター・アンプで、ギター・ケーブルを接続する煩わしさ無しに、いつでも気軽にギターを弾くことができます。

音色のワイヤレス・エディットに加えて、スマートフォンの楽曲のストリーミング再生も可能。

ワイヤレススピーカーとしても利用も可。

アンプ・タイプや多彩な内蔵エフェクトを組み合わせれば、極上のトーンで演奏することができます。

経緯

前回、リサーチ時の比較内容を投稿しましたが、リビングでギターを弾きたい時などもあり、小型 & ワイヤレス & 安価な物が無いかと考えた事が発端です。

なぜ、KATANA-AIRにしたかというと、Mighty Airは見た目が好みで無い事、THR30Ⅱ Wirelessはトランスミッターを別で購入しないといけないという事、KATANA-AIRが現在の市場にあって、すぐ購入が可能だったという事が理由です。

付属品

  • 本体
  • トランスミッター
  • ACアダプター
  • マニュアル
  • 保証書

ライバル機

前回の記事を参考ください。

好みと予算によっては、選択は変わってきますが参考になるはずです。

パラメーターについて

AMP TYPE

アンプタイプを、ACOUSTIC, CLEAN, CRUNCH, LEAD, BROWN から選択。

ギターアンプ部分

GAIN , VOLUME, BASS, MIDDLE, TREBLEはお馴染みのギターアンプ特有のパラメーターなので割愛。

BST/MOD + ボタン

歪み系エフェクト、モジュレーションエフェクトを設定。

ボタンは緑、赤、オレンジで割り当てるエフェクトを変更可能(アプリで変更可能)。

DELAY/FX + ボタン

ディレイ、ワウ、トレモロ、オクターバーなどのエフェクトを設定。

ボタンは緑、赤、オレンジで割り当てるエフェクトを変更可能(アプリで変更可能)。

REVERB + ボタン

リバーブを設定。

ボタンは緑、赤、オレンジで割り当てるエフェクトを変更可能(アプリで変更可能)。

TAPボタン

ディレイタイムを設定

Bluetoothボタン

Bluetooth機器を登録、接続状態を表示。

Powerボタン

電源をオン・オフします。電源の状態を表示。

Guitar Wirelessインジケーター

トランスミッターとの接続状態を表示。

TONE SETTING

■CH A, CH B ボタン
それぞれ、3種類記憶されています。

ボタンは緑、赤、オレンジで設定されており、計6個記憶可能。

■PANEL ボタン
パネルにあるつまみの現在の設定で音が鳴る。

インプット・アウトプット

PHONE / REC OUT

ヘッドフォンもしくは、ステレオアウトを接続。

INPUT

ギターを接続。

ワイヤレスで無く、シールド経由で接続する事も可能。

AUX IN

オーディオプレイヤー、電子楽器などを接続し、ギターと同時に鳴らす事が可能。

アプリとの連携について

KATANA AIRというアプリがあるので、ダウンロードします。

BluetoothでスマートフォンとKATANA-AIRを接続します。

スマートフォンやiPadなどで、パラメーターの変更や、公開されている音色パッチなどをロードする事ができます。

自分でエフェクターを駆使して音色を作るのもありですが、お気に入りのパッチを見つけるのもありです。

アプリ付属のチューナーが良くて、プレイ前にチューニングするのに役立っています。

これ最高。

 

PCとの接続について

ドライバーのインストール

BOSS KATANA-AIRのサイトより、ダウンロードしてインストール。

ファームウェアのアップデート

BOSS KATANA-AIRのサイトにアップデートの詳しい手順が記載されているので、そちらを確認してみてください。

現在のバージョンを確認して、最新版をダウンロード、KATANA-AIRに読み込ませる。

丁度、新しいファームウェアが出ていたので、アップデートしました。

オーディオインターフェース経由での録音

Ableton Liveで動作確認とれました。

簡単な手順は以下。

  • USBでPCと接続
  • DAWを起動
  • オーディオインプットをKATANA-AIRに設定
  • DAW側で録音

使用感

ケーブルが無い事がこんなに楽だなんて、最高。

しかも遅れなどは特に感じない。

初めは、パネル側のパラメーターを触っていたが、ライブラリーが豊富なので、スマートフォンから選択するだけで、プリセットが読み込めるので、好きなプリセットを見つけておくだけで良い。

あとは、セッティングを保存しておけば、呼び出すだけなので、それを使用すればOK。

チューナーが使い易くて良いので、弾き始めはこれでチューニングしてます。

教則本などのリズム音源をスマートフォンに取り込んでおけば、再生しながら練習できるので、練習がはかどる。

オーディオインターフェースも付いているので、DAWに録音ができるので、これは便利。

Bluetoothスピーカーとしても使用できるので、音楽やラジオを聴く際にも便利です。

シンプルな見た目で良い。

セッティング

特に毎回細かいセッティングは行っていないが、お気に入りのパッチをライブラリから読み込んで、弾き始める感じ。

AMP TYPEを気分によって変更して、DELAY、REVERBを薄くかけるくらい。

スマートフォンから音楽やリズムを流しながら練習する際は、スマートフォン側の音量をアンプ側で調整する事ができない。

スマートフォン側で行うか、本体のMASTERとVOLUMEでスマートフォンとギターの音量を調整をする必要があるので、少し慣れが必要。

中古

そこそこある。

中古はトランスミッター側のバッテリー劣化も気になるし、あまり値段差が無いので、新品を購入する方が良いかな。

欠点

ACアダプターがでかい。

もう少し小さければ良かったのにと思う。

大きいとアダプターの設置場所や、移動にも困るので。

自室とリビングで使用する予定なので、ACアダプターを追加で購入予定。

バッテリー駆動であれば良かったのに。

前回比べたライバル機はバッテリー駆動なので、アダプターを付けて充電すればそのまま、持ち運びながら継続利用が可能なのだが、KATANA-AIRは電池を外して充電しないといけない。(エネループを利用)

この一手間が若干面倒。

その他は、特に不満は無いので、持ち運びについて、もう少し改善した機種が出ることを望みます。

総評

最高です。

今年一発目の良い買い物が出来たなってアイテム。

ケーブルから解放されるのが、こんなにストレスレスな感じなのかと。

あと遅延も無いし、音も良い。

簡単にギターが弾き始められるので、ギターに触る回数が増えそう。

今回の導入のポイントは、音が良いとかより、ギターを弾き始めるまでの工程を見直したいというのもあったので、新しい習慣、経験としては良かったかな。

最近面倒でギターを弾けていない方にも、背中を押してくれる良い機材かと思います。

オススメです。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: サウンドハウス 大幅値下げ市
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: ポータブルレコーダー
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: マルチトラックレコーダー