STRYMON VOLANTE レビュー

マグネティック・エコーマシーン( Magnetic Echo Maschine)「STRYMON VOLANTE」のレビュー。

経緯

先日、アナログモデリングのテープエコーを調べていて、気になったので。

なぜ、これにしたかというと、以下

・Tapテンポがついている
・見たことの無いインターフェースがある
・エコータイプが選べる
・USB MIDI対応
・エコーに対するアプローチが独特

 
など

あと、リリースされて時間は経つのに、これと言った、一般ユーザーレビューが上がって無いし、未知数なので。

 

初見

STRYMONのエフェクターのイメージは、

・BRIGADIRのような、5つのツマミのコンパクトエフェクター
・Bigskyのような、マルチエフェクター

 
だが、このVOLANTEは、見た目からして違う。

パラメータについて

REC LEVEL, MECHANICS, TYPE(Drum, Tap, Studio), TIME, SPEED(half, normal, double), REPEATS, ECHO LEVEL, LOW CUT, WEAR, Playback, SPACING, SPRING, ON(reverse, hold(∞)), FAVORITE (pause), TAP (spice, hold(sos))

入出力について

LEFT IN , RIGHT IN, LEFT OUT , RIGHT OUT, EXP, MIDI IN , MIDI OUT, USB

各パラメーターの紹介は、自分の理解も含めているので、BOSS RE-20と比較していきたいと思う。
読み辛い人は、すいません。

※RE-20のパラメータ名に関しては、今後(RE)で表現していく。

REC LEVEL

録音ヘッドへ供給される信号のアナログゲインをコントロール

INPUT VOLUME (RE)

MECHANICS

テープマシーンのメカニズムによるスピードの変化と、摩擦、折り目、つなぎ目や汚れ等のテープの状態をコントロール

※ポイント

TYPE

Drum:鉄ワイヤー音盤。ローからミッドの周波数が強調されたエコー。大きな信号や高いフィードバックでサチュレート
Tap:ビンテージエコーマシーンのタイプ。暖かく、クリーンなサウンド
Studio:スタジオオープンリールのクリーンなサウンド

TIME

ヘッド4のディレイタイムをコントロール

※ポイント

SPEED

half : 400ms – 4s
normal : 200ms – 2s
double : 100ms – 1s

REPEATS

フィードバックをオンにしたヘッドのフィードバックを調整

REPEAT RATE (RE)

ECHO LEVEL

ディレイ信号のレベルをコントロール

ECHO VOLUME (RE)

LOW CUT

低域周波数をカット

BASS (RE)

WEAR

高域周波数 の劣化を再現

TREBLE (RE)

※ポイント

Playback

各再生ヘッドのオン/オフを決める。ヘッドボリュームはボタンを長押しして、1/2ボリュームとフルボリュームを切り替え。
グリーンLED=フルボリューム
オレンジLED=1/2ボリューム

MODE SELECTOR (RE)

SPACING

ヘッド1〜3の 再生ヘッドのスペースを調整

※ポイント

SPRING

スプリングリバーブのサウンドをミックス

REVERB VOLUME (RE)

ON(reverse, hold(∞))

エフェクトのオン/オフを行う。ホールドするとリピートが無限に繰り返される

INTENSITY (RE)

※ポイント

FAVORITE (pause)

プリセットがリコールされる

TAP (spice, hold(sos))

タップテンポ

TAP (RE)

※ポイント

パラメータについては、サイトとマニュアルを参考に。

ポイントとなるのは、RE-20には無い、VOLANTE独特の機能かな。

BOSSのRE-20と比べて

ぱっと見た感じ、違うと感じるかもしれないが、結構似てる。

パラメータにしても、呼び名は違えど、VOLANTE の「LOW CUT」「WEAR」は、RE-20の「BASS」「TREBLE」に近いし、その多のパラメーターも、お互い置き換える事ができる。

しかし、VOLANTEの方が、自由度は高い。

RE-20(El Capistanかな)の、機能を分解し、モジュレーションに必要な各パラメーターを、ツマミ、ペダルに置き換えた感じだ。

いうなればアップデート版。
機能を追加した、拡張版といったところだ。

RE-20を使用している人なら、解ると思うポイントが、多数散りばめられているので、使いながら理解していくと、楽しいと思う。

開発者は別の意図で開発していると思うが、あくまで理解しやすいように、個人的な考えで置き換えているので、初めて触る方は、マニュアルやサイトを参考にしてください。

Sound on Sound mode

VOLANTEのルーパー機能。
使った感じでは、もう一つのディレイプリセットといった感じだ。

VOLANTEを通すと独特のアンビエンスが付くので、ギターのフィードバックや、シンセ音などをサンプリングすると、楽曲に厚みを付ける事ができるので、良いと思った。

あと、reverseを押せば、逆再生になるし、Pauseを押せば、ストップするので、フットスイッチだけでの演奏も可能だ。

INST/LINEスイッチ

ギターでの使用を想定してデザインされているのだろうが、ステレオに対応しているし、パラメーターも多いので、マシンライブやスタジオなどの、卓上で使う事に向いている。

INST/LINEスイッチが付いているという事は、そういう想定でも作られているという事だろう。

USB MIDI

一旦、認識確認のみだが、電源を入れて、Windows10にUSB接続した。
特別ドライバをインストールしなくても、VOLANTE を認識した。
(USBケーブルだけ挿してみたが、VOLANTE は起動しなかったので、USBからの電源供給は無し)

Ableton Liveからは、VOLANTE Input, Outputとも認識していたので、まあOKとする。

・MIDI機能をフルサポートするMIDI in/out
・MIDI via コンピューターがUSBから可能
とあるのと、ケーブルが付属されているので、MIDIのサポートは万全といったところだろう。

ここは、今後、詳しく使いながら評価していきたい。

Footswitch Hatが利用可能

以下のフットスイッチハットが利用可能なので、早速、取り付けた。
自分は手で押すことが多いので、 フットスイッチハットは必須だ。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス

総評

満足。

RE-20と置き換えて、使ってみようと思う。

音作りの幅が広い分、即興の際はコントロールが難しくなるが、それも含めて楽しんでいければ。
まあ、徐々にクセは掴めてくるだろう。

アナログモデリングの技術の進化には、感嘆する。
懐古主義では無く、過去をアップデートし、新しい楽器へと進化している。
アナログも良いのだが、やはり如何にデジタル技術を取り込み、音楽をアップデートしていくかを、自分としては、追い続けていきたいと思う。

新たな名機が誕生したと思っているが、みなさんはどうだろうか。


Amazon 楽天 Yahoo サウンドハウス


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: ギターエフェクター
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: デジタル・ミキサー
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: 池部楽器店Power DJ's お買い得商品/アウトレット品/中古コーナー