Leqtique Redemptionist レビュー

「Leqtique Redemptionist」を紹介。

ブティック系の歪みを試してみたかった為、何年か前に購入した。

初めて、パーツに興味を持つきっかけを与えてくれた、エフェクター。
最近、引っ張り出してきて、ラックに設置して、これをよく使用している。

当時の印象

はじめは、歪みに対する考えも違っていたので、思った程歪まないなと思っていた。
その当時は、ディストーションが好きだったので。

パーツの魅力を発見

ケースを開けて、BOSSなどと、明らかに違うコンデンサや、抵抗がついていた。パーツに興味を持ち出したきっかけを作ってくれた、エフェクターだった事を覚えている。
明らかに、今までのエフェクターよりもカラフルで、1つ1つのパーツが自己主張してくる感じ。
それでいて、美味しそうな色。
若干、大人の駄菓子的な要素が詰め込まれた、そんな世界観だ。

塗装について

塗装はマーブル模様でキレイだが、剥げやすい。結構すでに剥げている。
でも、ここは、ジーンズも履き込めば、色落ちして味が出てくるように、ペイントの剥げも味としてみれば、まあ楽しいものである。

音について

キャラクターとしては中低音もしっかり出ていて、ブースター、オーバードライブ、ディストーションとして使用可能。
ストラトのシングルと相性が良く、カッティングが前に出てきて、弾いてて気持ち良い。
最近好きなセッティングは、ちょいGAIN、TREBLEダウン気味な、ちょいLOW-CUT。

音作りは、ひとそれぞれだと思うが、基本は、すべてセンター(12時の方向)から合わせていけば良いだろう。

コントロール一覧

VOLUME、GAIN、TREBLE、LOW-CUTとある。

VOLUME

音の大きさを調整

GAIN

音の歪みを調整

TREBLE

高音域の調整

LOW-CUT

ここをあげて行くとローが削れていくが、下げて行くと、太くなっていく。
ここ、ポイント。

以下、それぞれのセッティング値での、音の出方も確認できるので、参考になるだろう。

 

オーバードライブも、ディストーションも、ブースターもと欲張りな事を考えているなら、良い選択なエフェクターの1つではないだろうか。
中古も出回っているみたいなので、探してみてはいかがだろうか。


Amazon 楽天 Yahoo 


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: イコライザー
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: CDJ・デジタルDJ
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: ダイナミックマイク