TR-909, TR-8, TR-09の打ち込みについて

 

最近、Daft Punk所有のプリセット入りのRoland TR-909が、オークションに出品というニュースがあった。
動画もアップされていたが、Revolution 909という曲で使用されたTR-909で、そのプリセットも一緒にという事だ。

見ていると、そんなに複雑なリズムでは無いのだが、なぜか納得させられる勢いがある。
PCから出る、正確な音に慣れすぎているから、昔のリズムマシンから出る音に、ノスタルジーを感じてのいるのか。
コンデンサや電子パーツの経年劣化による、揺れに魅力を感じているのか、よく分からないが、やはり、マシンから出る音は、PCから出る音とは、何か違う。

 

 

そんなこんなで、最近は、TR-909の動画を見ながら、TR-8へパターンを打ち込んで楽しんでいる。
これは、これで、結構楽しいし、曲のインスピレーションも湧いてくる。
TR-8、TR-09などを持っている方は、参考に楽しんでもらいたい。

 

Jeff Millsのプレイを見ていると、完全に楽器として扱っていて、ライブでリアルタイムに、ここまで触っているのをみると、気持ち良い。
もし、もっと若い頃に見ていたら、ギターでは無く、こういうプレイに憧れて、リズムマシンを始めていただろうなと思う。(実際はどうかわからないが)

 

ドラムマシンに感化されている、今日この頃である。

Roland AIRA Rhythm Performer TR-8
Amazon サウンドハウス 楽天 Yahoo

Roland TR-09 Rhythm Composer Boutiqueシリーズ リズムマシン
Amazon サウンドハウス 楽天 Yahoo


[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: スタジオラック
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: ルーパー・サンプラー
[ 毎日更新 ランキング・セール情報 ]: ミキサー